教えてクラブドクター! 目からウロコのゴルフクラブ選び。

〈そのカギはやはり“クラブの重さ”だった!〉

アイアン篇

「教えてクラブドクター! 目からウロコのゴルフクラブ選び。 〈そのカギは“クラブの重さ”だった!〉 ドライバー篇」はこちらをご覧ください。
ダンロップ認定クラブドクター 石井 高

「アイアンは本来スコアに直結するクラブなのに、一発の飛距離ばかり気にして選んでしまうと、せっかく買い替えても上手くなりません。」

今回も明快に言い切るのは、ダンロップ認定クラブドクターの石井高氏。シリーズ第2弾、正しいクラブ選びのとっておきのコツ、「アイアン篇」を石井ドクターにお尋ねしました。

アイアン選びで大切な「3つのポイントと確認すべき順番」

打点が安定する「クラブの重さ」を見つける
スイング軌道が安定する「シャフトの素材」を見つける
最もボールスピードが出る「シャフトの硬さ」を見つける

まず、アイアン選びに関する誤解について詳しく教えていただけますか?

「ぜひご理解いただきたいのは、“アイアンはピンを正確に狙うクラブであって、飛距離を求めるクラブではない”ということです。ゴルフは何と言ってもスコアを競い合うものですから、アイアンで気にするべきは、他のプレイヤーとの飛距離の差ではないのです。約10ヤードごとに飛びを調整できるように、各番手があるのはそのためです。例えば飛びを売りにしたアイアンを使って、ショットをする度に距離が異なってしまっては、アイアンとしては意味がないのです。」

なるほど、そこはドライバーとの決定的な違いで、毎回同じ距離が出るアイアンが良いアイアンというわけですね。そこを理解した上で、改めてアイアン選びのポイントは何でしょうか?

「正しいアイアン選びのコツは3つあります。まず最初に考えるべきは、やはり“クラブの重さ”です。この重さですが、ご自分に合ったドライバーの重さをしっかりと見つけてから、その重さとのバランスで、アイアンの重さを決めることが大切です。重さがご自身に合ってくると、打点が安定してきますから、ボールスピードと打球の高さのバラつきがなくなってくるんです。よくドライバーは得意だけど、アイアンは苦手だという方がいらっしゃいますが、それはドライバーの重さはご自身に合っているけど、アイアンの重さが合っていなくて、苦手意識になっている場合が多いんです。」

苦手意識の原因が重さにあるのに、気づかないで懸命に練習を続けるのはもったいないことですね。重さの次は何を見ますか?

「2つ目はシャフトの素材です。“自分はカーボンしか合わない”という先入観を持たれている方が意外と多いんです。ぜひスチールとカーボン両方振り比べていただき、トップでタメをつくれて、ダウンスイングの軌道が安定する方を選んでいただければと思います。簡単に言えば、スイング時にトップのタメから切り返しがゆっくりの方にはカーボン、切り返しが速い方にはスチールが合うんです。合ってくれば、ボールへの入射角度が安定し、それによって打球の方向性も安定してきます。その場合、何よりもご自身が振りやすいですし、“クラブが身体の近くを通って巻きつく感覚”を体感されることと思います。半年に一回、ぜひご来店いただいて、スイングを確認させていただければ、カーボンからスチールに変更するタイミングなども掴みやすいかと思います。」

先入観にとらわれず、ぜひ確認してみて欲しいですね。3つ目は何でしょうか?

「3つ目は、シャフトの硬さです。これはドライバーと同じで、ボールスピードが最も出る硬さが、その人に合った硬さとなります。硬さが正しければ、インパクト時にフェースがスクエア(直角)になるので、ボールスピードが安定し、ご自身が飛ばすべき距離が安定して出せるというわけです。」

では実際にアイアンを選んでいく場合に、まずドライバーの重さを合わせてからアイアンの重さを考えていくということでしたが、その両者の組み合わせはどのように考えられますか。

「アイアンの総重量はドライバーよりも60~100g重い設定となります。どれくらい重くするかはヘッドスピードによるのですが、ドクターによるフィッティングでは、ヘッドスピードが35~42m/sの方には、ゼクシオ テン ドライバー『レギュラーモデル』とゼクシオ テン アイアン(ゼクシオ MP1000 カーボンシャフト)との組み合わせをお薦めしています。ヘッドスピードが38~45m/s の方には、ゼクシオ テン ドライバー『ミヤザキモデル』とゼクシオ テン アイアン(N.S.PRO 870GH DST for XXIOスチールシャフト)、あるいはゼクシオ フォージド アイアン(Miyazaki Waenaカーボンシャフト)との組み合わせです。ヘッドスピードが42~47m/sの方なら、ゼクシオ テン ドライバー『クラフトモデル』とゼクシオ フォージド アイアン(N.S.PRO MODUS³ TOUR105 スチールシャフト)との組み合わせになります。フィッティング時にお客様の意向を伺うと、クラブ選びを難しくやろうとする方も見受けられますが、ゴルフは何と言ってもスコアを競い合うスポーツですので、振りやすいものを選んでいただきたいです。そして振りやすいクラブは、自ずとボールスピードも弾道も安定して出るものです。」

ヘッドスピード別 推奨セッティング

ドライバー・7番アイアン推奨総重量

W#1 H/S(目安) ドライバー重量(g) 7I重量(g)
~35 250~270g 320~360g
35~42 270~290g 350~390g
38~45 290~300g 380~410g
41~47 300~315g 400~425g
44~50以上 315~330g以上 425~440g
ゼクシオ テン アイアン
詳細はこちらをご覧ください
ゼクシオ フォージド アイアン
詳細はこちらをご覧ください

今回は、目からウロコのアイアン選びの3つのポイントを、ドライバー篇に続いて石井ドクターから伝授していただきました。あなたのスイングに合ったアイアンがどのモデルか、一度確かめてみてはいかがでしょうか。正しいクラブ選びで、充実したゴルフライフをお愉しみください。

「教えてクラブドクター! 目からウロコのゴルフクラブ選び。 〈そのカギは“クラブの重さ”だった!〉 ドライバー篇」はこちらをご覧ください。