トラックマンでドライバーを弾道計測

飛距離と方向性の安定感がバツグン
打点がブレても適正スピンで飛ばせる!

テスター2人がそれぞれ好感触を得たドライバーをドライビングレンジに持ち込み、コースボールを使ってトラックマンで弾道計測。改めて試打データから「Z585 ドライバー」と「Z785 ドライバー」の性能を検証した。

ツルハラ:肥野さんが気に入ったのは「Z585 ドライバー」のほうでしたよね。
肥野:「Z585 ドライバー」なら自分が頑張らなくても、ヘッド性能で球をつかまえて理想的なドローが打てました。そのうえ毎ショット、同じ弾道を打つことができる安定感も魅力的でしたね。本当に欲しくなっちゃいましたよ(笑)

ツルハラ:肥野さんは右に打ち出して左に戻すキレイなドローを打っていましたよね。僕もドローヒッターなんですが、肥野さんと違って出球を右に打ち出すのが苦手なんです。なので、「Z585 ドライバー」を構えると、自分が思ったところよりも左に飛ばしてしまいそうで、実際の弾道もそうなりました。僕の場合は「Z785 ドライバー」が使いやすかったです。


肥野:トラックマンの数値を見て、何が分かりますか?
ツルハラ:肥野さんと僕の計測データは、異なるモデルのドライバーを使っているにも関わらず、とても似た数値になりました。それぞれのスイングイメージや弾道イメージに、「Z585 ドライバー」と「Z785 ドライバー」が合っている証拠だと思います。
肥野:打ち出し角、スピン量ともに、安定して飛ばせる理想的な数値ですよね。
ツルハラ:ロフト選びで打ち出し角さえ個々のゴルファーに合わせれば、適正弾道で飛ばせるように作られているんですよね。スピン量が少なすぎず、適正スピン量になっているのもポイントです。スピンが少なければ少ないほうがいいと思っているゴルファーもいますが、あまりに低スピンすぎると弾道が不安定になって、自分が打ちたい球筋を打てなくなります。

肥野:コースで打っていて感じたのは、方向安定性がバツグンにいいことでした。ミスがミスにならなかったです。
ツルハラ:ヘッドがブレづらくて、オフセンターヒットしても球が曲がりづらいし、飛距離が落ちづらい。少しぐらいミスしてもナイスショットにしてくれる寛容性がありますよね。これらは今回のシリーズから新たに採用されているカップフェース構造や、カーボンクラウンによる重心設計、ヘッドの高慣性モーメント化のおかげなんだと思いますよ。
肥野:従来のスリクソンのイメージとはずいぶん違っていて、コースで使ってみると、自分が思ったとおりの球筋をやさしく打てるドライバーでした。アイアンもコースの芝の上で使うと、性能の良さがよく分かりました。
ツルハラ:今回のスリクソンは、本当にコースでの実戦力が高いです。多くのゴルファーにコースで使ってみて、その使いやすさを実感してみてほしいですね。


<ライター・ツルハラの総評>

新しいスリクソンで大きく変わったのは、ドライバーなどのウッドカテゴリーのクラブです。ドライバーには、カーボンクラウンやゼクシオ譲りのカップフェース構造が新たに用いられて、これまでにない高い寛容性が備わりました。フェースの左右方向だけでなく、上下方向の打点のブレにも強く、スピン量が安定するのも新生スリクソンの魅力です。コースで使ってミスヒットしたときに「どうしてこんなに曲げずに飛んでいくの?」と驚いてしまうぐらい、やさしく飛ばせるモデルに仕上げられています。肥野さんが言っていたように、安定して飛ばせるから安心感を持ってどんどん振れるようになります。モデルごとの使い勝手の良さには、プレーヤー目線で作られているスリクソンらしさが存分に感じられました。ただ飛ぶというだけじゃなく、アマチュアにとってもスコアメイクの助けになってくれるのが、今回の新しいスリクソン Zシリーズだと思います。