オンコースでSRIXON Zシリーズを試打!

「あれっ?」と思うぐらいにミスに寛容
新しいスリクソンはコースでの実戦力が高い!

いよいよ、スリクソン Zシリーズをコースに持ち込んでラウンドをスタート。「Z585」と「Z785」の2シリーズを打ち比べながらプレーして、それぞれのモデルの性能を検証してもらった。最終的にテスターの2人が選んだモデルは?

Z585 ドライバー:オートマチックに理想的なドローが打てる(肥野)
Z785 ドライバー:ミスヒットしてもコースの幅に飛ばせる!(ツルハラ)

~肥野さんのインプレッション~

アスリート向けのスリクソンなので難しいのかと思いきや、ドライバーの2モデルはどちらもスイートエリアが広い! 少しぐらい芯を外して打っても、ナイスショットとほとんど飛距離が変わらなかったです。打ち比べて僕が気に入ったのは「Z585 ドライバー」のほう。僕はドローヒッターなんですが、ボールを少し右に打ち出してやると、ヘッドがオートマチックにターンして、自分が理想としている軽いドローで狙ったところに飛ばせました。弾道の再現性が高いから、安心してヘッドスピードを上げて振っていけます。「Z585 ドライバー」を使えば、自分のポテンシャルをもっと引き上げてくれそうに感じました。


~ツルハラさんのインプレッション~

コースで打ってみても、構えたときのヘッドの印象どおりの球筋になりました。僕がナチュラルにスイングすると、「Z585 ドライバー」はドロー弾道、「Z785 ドライバー」はストレート弾道。球をつかまえやすい「Z585ドライバー」は、肥野さんのようなドローヒッターだけでなく、プッシュスライスに悩んでいる人にも適してそうですね。戦略的に攻めたい人や、ストレート弾道をイメージしたい人には「Z785 ドライバー」が向いていると思います。僕の好みは、まっすぐをイメージしやすい「Z785 ドライバー」でした。特筆すべきは、どちらのモデルもオフセンターヒットに強くて寛容性が高いこと! 僕はドライバーが得意じゃないですが、スイングでミスしてもコースの幅にはボールが飛んでくれて、2打目が打てる場所にボールを運べました。このやさしさは、アマチュアにも心強いですね。


Z785 アイアン:キレイなターフが取れてコントロールしやすい(肥野)
Z585 アイアン:ミスを軽減しながら狙ったところに飛ばせる(ツルハラ)

~肥野さんのインプレッション~

もともとストレートネックでシェープな形状のアイアンが好み。構えたときの印象で「Z785 アイアン」を選びました。構えやすさについては文句のつけようがないぐらい、とてもいい顔をしています。僕はアイアンショットでは、ヘッドをしっかりと上から打ち込みたいタイプです。「Z785 アイアン」であれば、そのイメージで打ちやすいし、傾斜地でも思ったとおりにヘッドをコントロールできました。それに「Z785 アイアン」は、ヘッドを上から地面に押しつけて打ったときでも、ヘッドが刺さりすぎず、キレイなターフが取れます。ソールの抜けがいいところも気に入りました。


~ツルハラさんのインプレッション~

スリクソンのアイアンには、2代前からV字型のソールが採用されているのが特徴です。そのV字型の形状も、モデルチェンジのたびに少しずつ変わって進化しています。肥野さんがコメントしていたように、新しい「Z785 アイアン」はダウンブローに打ち込んだときに、バンスがしっかりと効いて、芝に深く刺さりすぎない抜けの良さが魅力。打感もブラッシュアップされて、前作よりもフィーリングがソフトになっているように感じました。それに対して「Z585 アイアン」は、V字の角度が前作よりもなだらかになりました。僕のようにアイアンのヘッド入射角が浅いゴルファーには、「Z585 アイアン」のほうが打ちやすく感じます。「Z585 アイアン」は、操作性を残しつつ、飛ばしやすいロフト設定とヘッド設計のモデル。僕がコースで使うなら間違いなく、やさしく狙って飛ばせる「Z585 アイアン」のほうですね。


Z U85 ユーティリティ:長距離でも狙ったところに飛ばせる(肥野)
Z F85 フェアウェイウッド:ドライバーと同様にミスに寛容!(ツルハラ)

~肥野さんのインプレッション~

アイアン型ユーティリティ「Z U85」は、アイアンセットからのつながりがいいクラブですね。構えてみるとソール幅が広いことには気づきますが、フェース面の見え方がとてもいい。ターゲットに対して狙いを定めやすいし、自分が打ちたい球筋のイメージも沸きます。打ってみると風に負けない強弾道が出るし、思ったよりも打感がソフト。フィーリング面でも優秀なクラブです。僕なら3番アイアンや4番アイアンの代わりにバッグに入れて使いたいです。


~ツルハラのインプレッション~

フェアウェイウッド「Z F85」のヘッド形状は、ドライバーからの流れで三角形に近いものになっています。従来のスリクソンユーザーが手にすると、最初はヘッド形状の違いに驚くかも知れません。けれど、打ってみると、これまでにないやさしさにも驚くはずです。カーボンクラウンとマレージング鋼カップフェースが採用されている3番ウッドは、ヘッドがブレづらく、なおかつ初速感もあって、やさしく飛ばしやすい。ドライバーを打ったときと同じ寛容性の高さを感じました。番手別設計になっていて、5番ウッド以下ではスピンが入りやすく、グリーンをダイレクトに狙えるように作られているのもポイントですね。