2018シーズンを5つの質問で振り返る

今季ツアー優勝を飾ったスリクソン・プレーヤーたち

【国内女子ツアー編】

今シーズン、ツアー優勝を果たしたスリクソン・プレーヤーたちに、以下の5つの質問を通じて1年を振り返ってもらいました。今回は「国内女子ツアー編」として、揃ってツアー初優勝を飾った新垣比菜、香妻琴乃、勝みなみの3選手が登場!

※ボール+クラブ契約を結ぶプレーヤー

ツアー優勝者へ5つの質問
  1. Q1:今シーズンを自己採点するとしたら100点満点で何点?
  2. Q2:今シーズンのベストラウンドは?
  3. Q3:今シーズン、もっとも活躍したクラブ(ゼクシオ、スリクソン、クリーブランド)は?
  4. Q4:今年1年で自分が成長、レベルアップしたと感じる部分は?
  5. Q5:来シーズンの目標・抱負は?

◇「サイバーエージェント レディス」優勝

新垣 比菜 Hina Arakaki

【優勝シーンプレーバック】

自身にとって今季6戦目となった「サイバーエージェント レディス」(4月第4週)で初日に5アンダー「67」をマークし首位タイと好スタートを切ると、2日目も6つスコアを伸ばし単独トップに。最終日は苦しみながらも最後までトップを守り切り、ルーキーにしてツアー初優勝という快挙を達成した。

Q1:今シーズンを自己採点するとしたら100点満点で何点?

A1:80点

これぐらいはあげてもいいかなと思うのですが、あと20点足りないのは“気持ち”が一年間もたなかったから。「あぁ、沖縄に帰りたいなぁ」と思ったこともあったし(苦笑)、毎週、同じモチベーションを保てなかったのが反省点ですね。

Q2:今シーズンのベストラウンドは?

A2:「NEC軽井沢72ゴルフ」第2ラウンド

ベストだと思うのは、優勝した試合ではなくて、実は8月の軽井沢での試合です。あの試合は初日に「76」も打ってしまって(苦笑)、順位も100位タイだったので、予選通過はムリだと思っていました。ところが、翌日は-8「64」とメチャクチャ伸ばせたんです。その日のベストスコアだったし、予選も通過できたのですごく印象に残っています。

Q3:今シーズン、もっとも活躍したクラブ(ゼクシオ、スリクソン、クリーブランド)は?

A3:『ゼクシオ テン』ハイブリッド #4、5

今シーズンは、この2本で170~190ヤードを打ち分けたのですが、本当に方向安定性がよくて、「芯を外したかな」と思ったショットでも一定の幅に収まってくれるんです。いちばん活躍したのは、ショートホールのティショットで、これまでハイブリッドだとピンを狙うという感じではなかったのですが、このクラブに替えてからは、普通にピンを狙っていけます。それと、きついラフからのショットでもすごく役立ったし、とにかく使い勝手がいいですね。

Q4:今年1年で自分が成長、レベルアップしたと感じる部分は?

A4:1年間戦い抜けたこと

今年は手首を痛めたりして、かなりお休みしてしまったのですが、初めて1年間ツアーに参戦するという経験ができたし、何とか最後まで戦い抜けたのはよかったと思います。

Q5:来シーズンの目標・抱負は?

A5:優勝

やっぱり来年も優勝したいですし、早い時期に勝ちたいです。

◇「マンシングウェアレディース東海クラシック」優勝

香妻 琴乃 Kotono Kozuma

【優勝シーンプレーバック】

「マンシングウェアレディース東海クラシック」(9月第2週)の初日に6アンダー「66」をマークし首位タイ発進。2日目は10位タイに後退したものの、トップと3打差から出た最終ラウンドに8バーディ・ノーボギーの「64」と猛チャージ。2位以下を1打差で振り切り、プロ8年目で悲願のツアー初優勝を飾った。

Q1:今シーズンを自己採点するとしたら100点満点で何点?

A1:50点

50点減点なのは、きちんと体調管理ができなかったから。それと、優勝する1~2か月前はまずまずでしたが、それ以外の時期は成績がよくなったので・・・。

Q2:今シーズンのベストラウンドは?

A2:「マンシングウェアレディース東海クラシック」最終ラウンド

やっぱり優勝した試合の最終日です。あの試合は初日からずっとショットがよかったのにパットが決まらなかったのですが、最終日は、そのパットがよく決まってくれました。特に最終18番ホールのバーディパットはいいパットだったと思います。

Q3:今シーズン、もっとも活躍したクラブ(ゼクシオ、スリクソン、クリーブランド)は?

A3:『スリクソン Z785 ドライバー』

優勝する2週間前にこのドライバーに替えてから、ティショットがすごくよくなりました。このドライバーが一番の勝因かもしれません。『スリクソン Z785 ドライバー』のいいところは、構えた時の“顔”がよくて、球がすごく強いこと。飛んで曲がらないし、以前は出ていた右にフケる球も出ないし、後半戦は自信を持ってティショットが打てました。

Q4:今年1年で自分が成長、レベルアップしたと感じる部分は?

A4:チャンスを逃しても焦らなくなった

バーディパットを外しても、「またチャンスは来る」と言い聞かせて、辛抱強く待てるようになったところですかね。チャンスを逃しても全然焦らなくなったわけではないけれど、焦ることが少なくなったし、無理にバーディを獲りにいかなくなったのは成長したところかなと思います。

Q5:来シーズンの目標・抱負は?

A5:好不調の波を小さくしたい

今シーズンは好不調の波が大きい一年でした。だから来シーズンは、ショットの調子が悪くても予選を通過できるゴルフをしたいですし、調子の悪い状態を今年より底上げして、一年を通して安定したプレーができる選手になりたいです。

◇「大王製紙エリエールレディス」優勝

勝 みなみ Minami Katsu

【優勝シーンプレーバック】

シーズン大詰めの「大王製紙エリエールレディス」(11月第3週)で、17位タイから出た3日目に8アンダー「64」をマーク。一気に首位タイに浮上すると、最終日はボギーなしの7バーディを奪って通算20アンダーまでスコアを伸ばし、2位に4打差をつけプロ転向後初のツアー優勝を達成した。

Q1:今シーズンを自己採点するとしたら100点満点で何点?

A1:90点

90点というのは、けっこう高めにつけて、です(苦笑)。予選落ちが10数試合あったし、特に夏から秋にかけてはなかなか予選を通過できずに苦しかったので。でも、そのあとに優勝できたので、90点です。

Q2:今シーズンのベストラウンドは?

A2:「大王製紙エリエールレディス」第2&最終ラウンド

やっぱり優勝した試合なのですが、2日目と最終日はどちらもいいゴルフができて、どちらか一つは選べないので、その2ラウンドでお願いします(笑)。

Q3:今シーズン、もっとも活躍したクラブ(ゼクシオ、スリクソン、クリーブランド)は?

A3:『クリーブランド RTX 4 ウエッジ』50°、54°、58°

これも1本には絞れないので3本で(笑)。このウエッジに替えてから、まず左右へのブレが小さくなりましたね。それとソールの抜けというか、滑る感じがすごく自分に合っているのでアプローチが寄る確率が高くなって、試合で何度かチップインもしました。バンカーショットもスピンが利いて寄るようになったし、この3本に替えてから100ヤード以内の精度が上がりましたね。

Q4:今年1年で自分が成長、レベルアップしたと感じる部分は?

A4:メンタルが強くなった

調子を落として結果が出ない時期にあきらめなかったことが、その後の復調と優勝につながりました。それができたのは、自分のメンタルが強くなった証拠かなと思います。

Q5:来シーズンの目標・抱負は?

A5:ツアー最終戦出場

来年も最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に出たいです。あの試合に出るには、優勝するか、賞金ランキングで上位に入るかする必要がありますよね。そうなるよう来シーズンも頑張りたいです。