XXIO9

IRON ゼクシオ ナイン アイアン

  1. 1ヘッド重量を重く、
    ボール初速がさらに向上
  2. 2アベレージゴルファーの打点方向に
    スイートエリアがさらに拡大
  3. 3ゼクシオ史上、最も低重心で
    やさしくボールが上がる
  • ヘッドスピードアップテクノロジー
    ヘッドスピードアップ シャフトのさらなる軽量・手元重心化と最適剛性設計によりヘッド軌道を変えることでヘッドが加速
  • ボールスピードアップテクノロジー
    運動エネルギーアップ ヘッド重量をさらに重く、運動エネルギーアップ
    スイートエリア拡大 チタンフェースをさらに拡大
  • ゼクシオテクノロジー
    高打ち出し・低スピン 高比重のウエイトをソールのトウ・ヒール内部に配置

ボールスピードアップテクノロジーゼクシオ史上最も低重心

ソールのトウ・ヒール内部に配した高比重のウエイトにより、低重心化と高慣性モーメントの両立を実現

ボールスピードアップテクノロジーフェース下部でのショットに強い

チタンフェースをソール方向に拡大させることでアベレージゴルファーの打点であるフェース面下部の反発性能が向上

大きな飛びと優れた方向安定性

低・深重心化とスイートエリアの拡大により大きな飛びと方向安定性を両立