XXIO

Hybrid

XXIO

番手別設計が生み出す、大きな飛びと安定した方向性

高強度HT1770M圧延カップフェース
CUSTOM450ボディ

ヘッド頂点をトウ側に ヘッド厚を番手別に設計 特許出願中 シャローバック形状 パワーウェーブストラクチャー 特許第5844934号 3mm短くしたネック長

ヘッド頂点をトウ側に ヘッド厚を番手別に設計 特許出願中 シャローバック形状 パワーウェーブストラクチャー 特許第5844934号 3mm短くしたネック長

Point1

番手別ヘッド厚フロー設計

H3、H4はヘッド厚を従来モデルより薄くすることで高打ち出し・低スピンの「飛距離重視設計」に。H5、H6は上下の慣性モーメントを大きくした「コントロール重視設計」に。

Point2

Men's 番手 H3 ゼクシオ テン 18 従来モデル 19 番手 H4 ゼクシオ テン 20 従来モデル 21 番手 H5 ゼクシオ テン 23 従来モデル 23 番手 H6 ゼクシオ テン 26 従来モデル 25
※ライ角の変更はありません

ロフト体系を一新

番手間の飛距離差を明確にするため、ロフト体系を一新。アイアンとの連動も考慮し、番手表記を変更。

XXIO
※ライ角の変更はありません

「芯食い体験」が生み出す圧倒的な飛び

ハイブリッド比較 ●H5 ●ドライバーヘッドスピード40m/s相当 飛距離 ゼクシオ テン 161.5ヤード 従来モデル 156.6ヤード 従来モデルより+4.9yrd 他社A 154.5ヤード 他社Aより+7.0yrd 打点確率(反発エリア) ゼクシオ テン 76% 従来モデル 65% 従来モデルより+11% 他社A 60% 他社Aより+16%

ハイブリッド比較 ●H5 ●ドライバーヘッドスピード40m/s相当 飛距離 ゼクシオ テン 161.5ヤード 従来モデル 156.6ヤード 従来モデルより+4.9yrd 他社A 154.5ヤード 他社Aより+7.0yrd 打点確率(反発エリア) ゼクシオ テン 76% 従来モデル 65% 従来モデルより+11% 他社A 60% 他社Aより+16%

打点確率:当社計測で「芯で打てた」と感じるエリアでの打点確率
※当社計測データ

XXIO X トップページにもどる