ダンロップゴルフスタートアッププログラム〈ダンロップゴルフコース〉

新5期生『ゴルフ場体験会』開催レポート(2018.1.24)

ゴルフを始める皆さんが、基礎技術からルールやマナーまで、登録料3,000円だけで学べる短期集中型プログラム「ダンロップゴルフスタートアッププログラム」。その仕上げとして実際のコースに出て学べるのが、今回の「ゴルフ場体験会」です。1月に関西地区で行われた同イベントの模様をお伝えします。

午前

フロントでチェックイン

受付は簡単ですが、体験しておくと次回から安心です。 何だかワクワクしますね。

コンペルームで説明

笑顔あふれる自己紹介の後は、小冊子が配られ、ルールとマナーについて特に気をつけたいことをインストラクターが説明しました。質問も出て、活気があります。

練習場でレッスン

最初はウエッジで軽く打って、温まってきたらアイアン、ドライバーでスイング。個々の技術やクセに合わせて、レッスンが開始されました。教え方が本当にわかりやすくて驚きました。

午後

練習グリーンで、アプローチショット

ピッチングウエッジで最初は短く、後半は長めのアプローチを何本も練習して、だんだんと距離感をつかんでいきました。ピンまでの距離によって、スイングだけでなく、スタンスの幅やボールとの距離も変えていきます。

練習バンカーで、バンカーショット

バンカーショットの練習は、ボールを直接打つのではなく、砂ごと出す感覚だとの説明がありました。何度も練習できる貴重なチャンスですね。まずは、成功させる良いイメージを持つことが大切なのだそうです。

ここからは実際のコースでレッスン

ティショット
見晴らしの良いコースで、ドライバーをフルスイング。「ナイスショット!」との掛け声が響きます。
セカンドショット
セカンドはアイアンでグリーンを狙ってみます。実際のコースは手強いけど、皆さん果敢にチャレンジしました。
アプローチ
練習の成果を発揮して、グリーン回りで距離感を意識しながらアプローチショットを打ちました。
パター
パターレッスンでは、上りと下りのパッティングでの転がり方の違いについて何度も確認しました。
ディボットの修復
グリーンのディボット跡の直し方を教わって終了です。「これができて初めて一人前です!」との説明がありました。
カートの説明
カートはコースの情報をインプットしたモニター搭載で、キャディさんの役割も担ってくれます。

インストラクターからご挨拶

「ゴルフは最初が一番大変ですが、好きになれば必ず上達します。年齢を重ねてもできる一生のスポーツですので、ぜひ続けてください」とのエールが、最後にインストラクターから贈られました。

参加者の声

H・Tさん
私はプログラムの2期生で、ゴルフ場体験会への参加は2回目です。前回、丁寧に教えていただいて開き気味のクセを修正でき、今回は手首と体重移動について再確認できました。私はスポーツトレーナーの経験上、基礎の徹底が何より大切だと身に染みてます。コースは空気もきれいで、今後もどんどん通いたいです。
K・Kさん
友人からゴルフセットを譲り受け、コースに誘われて行ってみたら数え切れないほどたたいてしまって(笑)。そんな時、このプログラムを知ったんです。いつもの練習場と実際のコースは感覚が違うので、普段からコースをイメージしながら練習して、みんなに迷惑をかけずに回れるようになりたいです。
T・Aさん
仕事で必要になり、このプログラムでゴルフを始めました。今までコースは2回経験していますが、1回目がいきなりコンペで(笑)。プログラムでもグリーン周りはまだ教わってないので、今日は良い経験になりました。指摘を受けた姿勢のクセを修正し、フォームを固めて100を切りたいです。
M・Fさん
主人がいつも楽しそうにゴルフに出かけていくので、内緒で私もプログラムに参加して、上手になって驚かせようと思って(笑)。私は身体が浮いてボールの上をたたくクセがありますが、良いショットが打てた時は、本当に楽しいです。今は、一歩踏み出してみて良かったと思っています。