TOUR PERFORMANCE TAKEN FURTHER 飛びは、未知なる高みへ。 Keegan Bradley J.B.Holmes Hideki Matsuyama Graeme McDowell SRIXON DEDICATED TO IMPROVING YOUR GAME™ 目指したのは、世界で一番飛ぶツアーボール。 NEW スリクソン Z-STAR シリーズ Z-STAR Z-STAR XV NEW
NEW Z-STAR
抜群のスピンコントロールとソフトフィーリング

ホワイト

  • ホワイト
  • プレミアムホワイト
  • ロイヤルグリーン
  • プレミアムパッションイエロー
  • プレミアムパッションオレンジ
NEW Z-STAR XV
抜群のスピンコントロールと飛距離

ホワイト

  • ホワイト
  • プレミアムホワイト
  • ロイヤルグリーン
  • プレミアムパッションイエロー
  • プレミアムパッションオレンジ
  •  

  •  

  • NEW!!

  • NEW!!

  • NEW!!

  • 圧倒的な飛び、アゲンストでも大きな飛び

    Z-STARはソフトタイプで最もやわらかく、最も大きく飛ぶ。
    Z-STAR XVは群を抜いて飛ぶ。

    Z-STAR AND Z-STAR XV トータル飛距離(W#1)

    無風条件

    ドライバーヘッドスピード 50m/s
    トータル飛距離(yds) 上:飛ぶ コンプレッション 左:軟 右:硬 ソフトタイプ 赤:NEW Z-STAR グレー:従来品(Z-STAR) しっかりタイプ 赤:NEW Z-STAR XV グレー:従来品(Z-STAR XV)
    ※目盛 飛距離:2yds ※当社計測所データ

    アゲンスト条件(-9m/s)

    ドライバーヘッドスピード 50m/s
    トータル飛距離(yds) 上:飛ぶ コンプレッション 左:軟 右:硬 ソフトタイプ 赤:NEW Z-STAR グレー:従来品(Z-STAR) しっかりタイプ 赤:NEW Z-STAR XV グレー:従来品(Z-STAR XV)
    ※目盛 飛距離:2yds ※当社計測所データ
  • 性能進化のポイント

    飛距離性能、フィーリングともにさらに進化。

    革新のテクノロジー
    1. 新構造コア

      NEW Z-STAR
      スーパーソフトE.G.G.大径コア

      コンプレッションをさらにソフト化した大径コア
      高い打ち出しとドライバーでの余分なスピンを少なく抑えた抜群の初期条件を生む。
      すべてのショットで非常にソフトなフィーリングをもたらす。

      ※E.G.G.はEnergetic Gradient Growth
      直径39.7mmの大径コア
      ※イメージ図

      大きな飛びを生む高い打ち出し角と低スピン

      ドライバーヘッドスピード 50m/s
      スピン量 上:多 下:少 打ち出し角 左:低 右:高 赤:NEW Z-STAR グレー:従来品(Z-STAR) 赤:NEW Z-STAR XV グレー:従来品(Z-STAR XV)
      ※目盛 スピン量:50rpm 打ち出し角:0.05° ※当社計測所データ

      高い打ち出し角、低スピン、ソフトな打感を生む新開発コア

      コア硬度分布
      コア硬度 上:硬 下:軟 コア 左:中心 右:外側 赤:NEW Z-STAR グレー:従来品(Z-STAR)
      ※当社計測所データ

      NEW Z-STAR XV
      高反発E.G.G.大径2層コア

      硬度を一定化したアウターコアにより、ボールスピードがアップ。
      さらに外剛内柔度を高めたインナーコアにより、高い打ち出しとドライバーでの余分なスピンを少なく抑えた抜群の初期条件を生む。

      ※E.G.G.はEnergetic Gradient Growth
      高度を一定化したアウターコア 従来より9mm大きくなったインナーコア
      ※イメージ図

      さらにボールスピードアップ

      ドライバーヘッドスピード 50m/s
      スピン量 上:多 下:少 打ち出し角 左:低 右:高 赤:NEW Z-STAR グレー:従来品(Z-STAR) 赤:NEW Z-STAR XV グレー:従来品(Z-STAR XV)
      ※当社計測所データ

      高初速、高い打ち出し角、低スピンを生む新開発2層コア

      コア硬度分布
      コア硬度 上:硬 下:軟 コア 左:中心 右:外側 赤:NEW Z-STAR グレー:従来品(Z-STAR)
      ※当社計測所データ
    2. 新開発ディンプル

      強弾道338スピードディンプル

      初期の抗力係数(CD値)を小さくすることで空気抵抗を減らしボールスピードを高次元に維持。
      弾道頂点以降では揚力係数(CL値)を大きくすることでさらにひと伸びし、飛距離アップ。

      飛びの“新発想”弾道イメージ 打ち出し時 抗力が小さく高いボールスピードを維持 頂点以降 揚力が大きくさらに伸びる弾道
      ※イメージ図

      初期の抗力係数 VS 後期の揚力係数

      ドライバーヘッドスピード 50m/s
      後期揚力係数(CL) 上:大 下:小 初期抗力係数(CD) 左:小 右:大 赤:NEW Z-STAR ボールスピードを高次元に維持し、さらに伸びる弾道で飛距離アップ グレー:従来品(Z-STAR)
      ※当社計測所データ

      ディンプル占有率を高く維持しながら、さらに面積均一度を高めた新ディンプル配列パターン。

      大小5種ディンプル 面積均一度を高めた新開発ディンプル
      ※イメージ図
      • 松山 英樹

        今までのボールより飛距離が伸びていて、打った時の食い付きもすごく良く、ホントに信頼しているボールです。

      • キーガン・ブラドリー

        このボールは加速がすごい!フェースから離れた途端にいなくなる。キャリーにも満足しているよ。

      • 谷原 秀人

        とにかく飛ぶ。キャリーで10ヤードくらい伸びている感覚でアゲンストにとにかく強い。前モデルより、更に強くなったのを感じますね。

    3. さらに、やわらかいコーティング

      高耐久0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバーとNEW Spin Skinコーティング

      13%ソフト化した新コーティングにより、摩擦係数がさらにアップ。
      ソフトなウレタンカバーとの組み合わせでドライ条件はもとより、芝を噛んだ条件でもスピン量がアップし、さまざまな条件で優れたスピン性能を発揮。また、ウエッジショットでの傷つきにも強くなっています。

      摩擦係数アップ

      摩擦係数 上:大 下:小 赤:NEW Spin Skinコーティング グレー:従来のコーティング(Spin Skin) ドライ条件 21%アップ 芝が噛んだ条件 25%アップ
      ※当社計測所データ

      さまざまな条件で優れたスピン性能

      スピン量 上:多 下:少 斜線なし:ドライ条件 斜線あり:芝が噛んだ条件 NEW Z-STAR 抜群の安定感 従来品(Z-STAR) NEW Z-STAR XV 抜群の安定感 従来品(Z-STAR XV)
      ※当社計測所データ
      spinskin™ technology

      《ウエッジショットでのインパクトイメージ》

      「0.5mm極薄スーパーソフトウレタンカバー」と「NEW Spin Skinコーティング」により、ウエッジショット時にフェースの溝に食い込み安定したスピン性能を発揮。

      ※イメージ図
      • 松山 英樹

        アプローチでは更にスピンが入り、食い付きが良くなりましたし、ラフからでも安定してスピンがかかるので、すごく進化していますね。

      • グレイム・マクダウエル

        ボールが溝を駆け上がってしっかりスピンがかかるね。前モデルに比べて、ボールが溝に長く接触しているのを感じる。

      • 谷原 秀人

        アプローチでは、フェースに乗って、低く出てギュっ!と止まる感じがしてかなり気に入ってます。