LOADING...
SRIXON® DEDICATED TO IMPROVING YOUR GAME™
Z
波動で、飛ばせ。NEW スリクソン Zドライバー、世界デビュー。
  1. ギア担当編集部部員Kがスリクソン Z565 TG検証 ~ドライバーはどれだけやさしく飛ばせるの?~
    ゴルフクラシック 2017/4/21 より

    PDF形式(460KB)

    Adobe Reader PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。
  2. 誕生! NEW『スリクソン Zシリーズ』 ~“史上最高”のスリクソンができるまで~

    詳しくはこちらをご覧ください。

  3. ツアープロたちが続々スイッチして絶賛愛用中!
    NEW『スリクソン Zシリーズ』ドライバー・アイアン

    詳しくはこちらをご覧ください。

  4. キャンペーンは終了しました。
    たくさんのご利用ありがとうございました。

    詳しくはこちらをご覧ください。

  5. NEWスリクソンZシリーズ全国100会場先行試打会

    NEW スリクソン Zシリーズ 先行試打会 シリーズ最高の飛距離性能で、もっと遠くに、狙い通りに。波動で、飛ばせ。9.10(sat) デビュー! Z565 Z765 Z765 LIMITED MODEL Z565 Z765 Z965

    終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

RIPPLE EFFECT TECHNOLOGY

今回発売するNEW スリクソン Zシリーズのコミュニケーションコンセプトは「Ripple Effect(波及効果)」。ドライバーを中心に、本シリーズの商品がもたらすベネフィットがプロゴルファー、トップアマ、アベレージゴルファーなど様々なレベルのゴルファーに波のように及び、世界中のツアーやマーケットに広まっていくことをイメージした言葉です。日本及び世界各国のゴルフシーンにおいて、スリクソンゴルフクラブのプレゼンスをさらに向上させたいという想いが込められています。

またこのコンセプトをベースに、今回の新ドライバーに採用した新技術である「パワーウェーブソール」、「ストレッチフレックス・カップフェース」、「ライトウェイトクラウン」といった技術を総称して「Ripple Effect Technology(リップルエフェクトテクノロジー)」と名付けました。

飛びの技術の複合によってエネルギーが蓄積される「波及効果」を「波動」という言葉に込め、コミュニケーションを展開していきます。

リップルエフェクトテクノロジーはドライバーにのみ搭載されています。

close

NEW「スリクソン Z565 TG ドライバー」はスリクソンならではのアスリート感はそのままに、「よりつかまる高弾道」をコンセプトに開発されました。

シリーズ最軽量、最大トルク設計の「Miyazaki Melas Ⅱ(メラン Ⅱ)」シャフトや、視覚効果で安心感を与えるチタングレーカラーリングのヘッドなど、従来のスリクソン Zシリーズと比較して、「よりボールが上がる、よりつかまる、より振りぬける」ドライバーとして、NEW「スリクソン Zシリーズ」に新たにラインアップされました。

スペックはこちらをご覧ください。

ギア担当編集部部員Kがスリクソン Z565 TG検証 ~ドライバーはどれだけやさしく飛ばせるの?~

ゴルフクラシック 2017/4/21 より

PDF形式(460KB)

Adobe Reader PDFファイルをご覧になるにはAdobe® Reader®が必要です。

当社では従来「ゼクシオ」シリーズにて左用クラブを展開していますが、以前より「アスリートモデルでも左用が欲しい」という要望を多くいただいていたことから、この度国内初となるスリクソン左用モデルの発売を決定しました。これによりレフティのお客様にもご自身のプレースタイルに合わせてアベレージモデル、アスリートモデルをお選びいただけるようになりました。

商品ラインアップ、スペックについては下記をご覧ください。なお各モデルとも、シャフト特注はカスタムオーダーにて承ります。

Miyazaki premium golf shafts

Miyazaki Kaula

今回新たに開発した「Miyazaki Kaula」シャフトは、前モデルの「Miyazaki Kosuma」シャフトと比べて手元側、先端側をしなやかにすることにより、「しなり」や「走り」を感じられるシャフトとなっています。

詳しくは「Miyazaki公式サイト」をご覧ください。

SRIXON® DEDICATED TO IMPROVING YOUR GAME™
Dunlop Golfing World TOPへ SRIXON TOPへ
PAGE TOPへ