NEW スリクソン Zシリーズ ハイブリッドの特長

ハイブリッド&ユーティリティ
NEW スリクソン Zシリーズ ハイブリッドはフェアウェイウッドの#5、#7同様に「アークサポートチャネル(溝構造)」を採用。センター打点と上打点での飛距離のバラつきが少なくなり、距離感が安定します。
また溝の深さは番手によって異なり、スピン量にあわせて高番手ほど深く設計され、スピン量の安定を図っています。
低番手←→高番手
イメージ図

NEW スリクソン Zシリーズ ユーティリティの特長

ハイブリッド&ユーティリティ
前モデルでは限定発売で好評だったアイアン型のユーティリティを定番商品化。アイアンからの流れを重視してZ565アイアンのヘッドの大きさとあわせています。また前モデル同様の中空ヘッド・低重心設計により、ロングアイアンと比べて高弾道で大きな飛びを実現しています。
またボディは軟鉄(S20C)鍛造製法のため、非常に柔らかい打感を実現しています。
トップへ戻る