ウッドクラブの各部名称

シャフト軸 フェラル(ソケット) フェース幅 フェース厚 重心 重心距離 ライ角 ネック長
ロフト角 (シャフト軸)※地面に対して垂直な軸線 ヘッド厚 スイートスポット 重心 重心高さ SS高さ(フェース面) フェースプログレッション 重心深度

ロフト角(リアルロフト)

シャフトの中心線に対してのフェース面の傾斜角のことで、それぞれのヘッドスピードや入射角に合わせて選ぶことが大切です。

フェース角

構えた時のフェース面の向きのことで、0度ならスクエア、+はフックフェース(左向き)、-はスライスフェース(右向き)であることを表します。

フェースプログレッション

フェース角を0度に設定した状態の時の、シャフトの中心線の延長線からリーディングエッジまでの水平距離を指します。一般にはこの数値が大きいほうがボールが上がりやすくなります。

スイートスポット

ヘッドの重心からフェース面に向かって垂線を引き、それがフェース面と交わった点がスイートスポットで、ここを中心にした一定のエリアがスイートエリアです。一般にはスイートスポット位置が低いほうが、スピンが抑えられます。

重心距離

シャフトの中心線の延長線上からヘッドの重心までの垂線の距離を指し、一般にはこれが短いほうがボールがつかまりやすくなります。

重心深度

リーディングエッジからヘッドの重心までの水平距離を指し、一般には深いほうが打ち出し角度が高くなりスイートエリアも広くなります。

慣性モーメント

ヘッドの重心を回転軸とした時のモーメント(回転させようとする力)を指し、一般にはこれが大きくなるほどスイートスポットを外した時の曲がりの度合いが小さく、方向性が安定します。

シャフトの各部名称

重さ トルク 調子 硬度

トルク(ねじれ)

シャフトのねじれ度合いのことで、ダンロップでは独自の「E.I.G.I.理論」に基づき、ターゲットユーザーに合わせてモデル毎に最適な値に設定しています。
※「E.I.」はシャフトの曲げ剛性、「G.I.」はシャフトのねじれ剛性の意味。

フレックス(硬さ)

シャフトの硬さのことで、一般には硬い順にX、S、SR、Rなどで表示され、それぞれのヘッドスピードなどに合わせて最適なフレックスを選ぶことが大切です。

キックポイント(調子)

シャフトが最大に湾曲するポイントのことで、その位置により、手元調子、中調子、先調子などのタイプがあります。それぞれに特徴がありますが、ダンロップのオリジナルシャフトはそれぞれのターゲットユーザーに合わせて最適なキックポイントに設定しています。

ウエイト(重量)

シャフト単体の重量のことで、一般には振りやすさなどに影響しますが、ダンロップのオリジナルシャフトはそれぞれのターゲットユーザーに合わせて最適な重量に設定しています。