Vol.88

『ゼクシオ ナイン』アイアンを検証する

2000年に登場した初代から数えて9代目モデルとなる『ゼクシオ ナイン』。今では、どこのゴルフ場に行っても多くのゼクシオ・ユーザーを見かけますが、『ゼクシオ ナイン』アイアンはどう進化しているのか、私なりに詳しく検証してみました。(実測データは別表参照)
  1. 球をつかまえるイメージで素直に構えられるヘッド
     実はゼクシオのアイアンを構えてみるのは久しぶりでしたが、『ゼクシオ ナイン』のフェース形状は長さと高さのバランスが良く、素直にアドレス出来ます。そして、強めのグースネックと丸いトップラインにより、球を包み込むようなイメージが出ています。これらの点は過去のゼクシオ・アイアンから踏襲されているもので、確かに構えた時にとても安心感があります。
  2. 低重心と深い重心深度でさらにやさしくなったヘッド
     優れた設計技術により作られるゼクシオ・アイアンですが、「モデルチェンジしても、見た感じがあまり変わらないのがかえって良い」と言うユーザーもいます。しかし、中身は確実に進化していて、今回『ゼクシオ ナイン』アイアンのヘッドを計測してみて、先代の「ゼクシオ エイト」よりも低重心になり、さらに重心深度も深くなっていることに驚きました。ゼクシオ・ユーザーには、アイアンをスウィープにスイングして、上手く球だけを拾うタイプの人が多いと思いますが、そういうスイングでも、低重心設計にすることでよりスウィートスポットに当たりやすくなり、当りが薄いショットでも問題なく球が飛んで行きます。
  3. 振りやすい「MP900シャフト」とスチールでも高弾道が打てる「N.S.PRO 890GH DST for XXIO」
     アイアンのシャフトに関しては、今回の「MP900」と先代の「MP800」を実際に試打してみてのフィーリングは、正直なところドライバーほどには違いが分かりにくいものの、「MP900」仕様は振りやすく、そのために弾道も高くなり、非力なゴルファーでもビッグな球を打ちやすくなったのは確かです。
     また、新しく装着された軽量スチールシャフト「N.S.PRO 890GH DST for XXIO」(以下890GH)ですが、先代モデルの「900GH」とくらべてクラブ重量が軽くなって振りやすくなり、弾道が少し高くなったと思います。実際に芝の上からも試打しましたが、ヘッドのバンス角が小さいので、ターフをとらずにスウィープにスイングした方が上手く振り抜けました。
     ゼクシオの進化は、スチールシャフトの重量にも見ることができます。6代目から今回の『ゼクシオ ナイン』までの重量の変遷を見ると、950→920→900→890(単位はグラム)と軽量化され続けているのは、本当にすごいことだと思います。

松尾好員の辛口トーク

  1. ライ角度の設定を1度アップライトにしてもよいかも
     今回、スチールの「890GH」仕様とカーボンの「MP900」仕様の両方を試打しました。その試打クラブは、それまで多くの方々に使われたセットのようですが、フェース面の傷はもっぱらトウ側に集中していました。また、ゴルフ場でゼクシオ・ユーザーをじっくり見ていますと、フェースをかぶせて(フックフェースにして)アドレスされている方が多いのですが、これはインパクトでフェースが開いて右に飛びやすいために経験的にフェースをかぶせていると推測出来ます。
     以上のことから、次回モデルでは、ライ角度を1度アップライトにして、もう少し球をつかまえやすくしても良いのではないか、と思うところです。
  2. AWとSWをグースネック系イメージにしてもよいのでは?
     ゼクシオのアイアンをセットで見ますと、PWまではグースネックアイアンなのですが、AWとSWが急にストレートネックになっています。セットとして使用するには、AWもSWも今よりもグースネック系にした方がむしろアベレージゴルファーには球をとらえやすく、構えやすいと思うのですがいかがでしょうか。

『ゼクシオ ナイン』アイアン 実測データ

  #5 #7 #5 XXIO8 #5 XXIO8 #7 XXIO8 #5
MP900-S MP900-R NS890-S MP800-S MP800-R NS900-S
クラブ長さ inch 38.0 37.1 38.0 38.0 37.0 38.0
クラブ重さ g 360.8 366.3 392.6 358.3 365.0 397.2
スイングウエイト   D0.4 C9.5 D2.2 C9.8 C9.0 D2.5
クラブ慣性モーメント gcm² 265万 260万 273万 263万 258万 274万
               
ヘッド重さ g 252.1 266.2 ---- 250.2 264.0 ----
リアルロフト deg 24.0 30.2 ---- 24.5 30.0 ----
ライ角 deg 60.5 61.4 ---- 61.0 62.0 ----
フェースプログレッション mm 1.5 1.8 ---- 1.5 2.4 ----
ソールバンス角 deg -2.5 -0.2 ---- -0.5 0.0 ----
               
重心距離 mm 39.4 40.1 ---- 40.7 39.8 ----
重心深度 mm 4.9 3.8 ---- 4.0 3.1 ----
スウィートスポット高さ mm 19.4 20.0 ---- 19.8 20.4 ----
               
ヘッド左右慣性モーメント gcm² 2,807 3,015 ---- 2,796 3,041 ----
ヘッド上下慣性モーメント gcm² 591 679 ---- 612 696 ----
ネック軸回りモーメント gcm² 6,244 6,765 ---- 6,367 6,697 ----