左から、東浩子プロ、新海美優プロ

D-cafe リラックス・トーク

二人の目標は同じ。できるだけ早く勝ちたい!

~東浩子&新海美優~

今回は、今シーズンともに初めてシード選手としてツアーに参戦している東浩子プロと新海美優プロの対談をお届け。愛用するゼクシオのクラブや夏バテ防止法などについて語ってくれます。

ゼクシオが、あんなに人の手が関わって作られていると知って驚いた ~東~

一本のクラブを作る工程を見て、もっと大切にしようと思った ~新海~

D-cafe:お二人は今年、宮崎のダンロップゴルフクラブ工場を一緒に見学したそうですね。

東:はい、行ってきました。

新海:今年でしたっけ?

東:今年でしょ(笑)! ダンロップさんから「行ってみませんか?」と声をかけていただいたので、小橋さん(絵利子プロ)、土田(沙弥香プロ)も一緒に4人で。

新海:あぁ、そうでした(笑)。「アクサレディス in MIYAZAKI」(3月下旬)のプロアマの日に。

D-cafe:お二人とも「ゼクシオ」を使っていますよね? それが作られている様子を見てどう思いましたか?

東:やっぱり衝撃的でした! とにかくすごい生産数なので、全部機械で作っていると思っていたのですが、あんなに人の手が関わって作られているのは意外だったし、スゴいな、と。

新海:私は、一本のクラブを作るのにあれだけの人が関わっているのを知ってビックリしました。

東:私がいちばん印象に残っているのはMiyazakiシャフトの製造工程ですね。カーボンシャフトは手で巻いて作るという話を聞いたことはあったけど、いまいちイメージできなかったんです。でも、実際に見て、きめ細かさとか、思った以上で驚きました。

新海:私も、シャフトこそ全部機械で作っていると想像していたので驚きました。あれを見て、「もっとクラブを大事にしなきゃ」と思いました(笑)。

東:一本一本に、作ってくださっている皆さんの思いが込められていると実感したし、皆さんの期待に応えないといけないなと強く感じましたね。

D-cafe:ちなみにお二人はいつからゼクシオのクラブを使っているのですか?

東:私はゴルフを始めた時からだから長いですよ(笑)。なにしろ初代から使ってますから! 初代は今よりヘッドが丸くて小ぶりで、色も今は青っぽいけど、当時は緑がかってましたよね? それに打感がメチャクチャよかったんです。

新海:それ、何歳の時の話なんですか(笑)?

東:小学校2、3年かな。あの打感のよさは今でも覚えてるもん。

新海:私も、ひろぽんさん(東プロ)ほどではないけど、ずっとゼクシオを使っています。ゼクシオって、やっぱりやさしいですよね。構えた時の“顔”も、すごくボールが上がりやすそうだし、すごく好きです。

左から、東浩子プロ、土田沙弥香プロ、新海美優プロ、小橋絵利子プロ

シード選手になって、自分のゴルフに自信を持てるようになった ~東~

先生からの“バンカーショット練習指令”でサンドセーブ率がアップ ~新海~

D-cafe:お二人は今シーズン初めてシード選手としてツアーを戦っていますね。去年までとくらべて何か違いは感じますか?

東:周りの方にどう見えているかは別として、去年までとくらべると、少しは自分のゴルフに自信を持って臨めているような気はしますね。例年とくらべて開幕からとんとんと順調に行けたのは、自信を持ってプレーできたからだと思います。

新海:私の場合、自分がシード選手だという意識はないですね。一年間試合に出られるというだけで、プレーを始めたらみんな横一線ですから。だから余裕もないです。というのも、今シーズンは自分で納得できる試合がまだなくて(苦笑)。ショットの調子はちょっとずつよくなってはいるのですが、それがスコアに結びつかないし、3日間あるいは4日間継続していいプレーができていません。トップ10もまだないですし、ずっとモヤモヤしてます(苦笑)。

D-cafe:東プロは今シーズンのここまでのプレーを振り返っていかがですか?

東:私も、前半戦はなかなか調子が上がらなかったんです。でも、「アース・モンダミンカップ」でいい成績を残すことができて、それをきっかけに調子が上がっている気がしていて、今年も5位タイに入れたことでリズムに乗れたように思います。

D-cafe:東プロといえば、ティショットの正確性に定評がありますよね(注:昨年のフェアウェイキープ率はツアー第2位の78.1056パーセント)。今シーズンのティショットの調子はどうですか?

東:ティショットはフェアウェイに置こうと思って打ってはいますが、あまり数字は気にしていません。ただデータを見ると、去年より飛んでいるので、「飛んでそんなに曲がらなければいい」と思ってプレーしています。あ、飛んでいるのは『ゼクシオ テン』ドライバーを使い始めたおかげもあると思います(笑)。

D-cafe:データと言えば、新海プロは現在、サンドセーブ率で10位です。

新海:そうなんですか? その順位は意識したことはないですけど、たしかに今年はバンカーからメチャメチャ拾えている感覚はありますね。私の先生(鈴木規夫プロ)が「ショットの基本はバンカーショット」という考えの方で、現役時代は一日中バンカーに入って練習していたらしくて(笑)。

東:へぇー。

新海:だから私も、先生に会うと必ずバンカーショットを練習するように言われるんです。先生は私のバンカーショットの音とか、砂の取り方とかをチェックして、たぶんイライラしていると思います。実際、「下手くそやな」と言われますし(笑)。私自身もバンカーが得意だと思ったことはないですけど、試合中にトラブルに見舞われた時に、「あのバンカーに入れておけば何とかなる」と思って打つことはありますね。

スマホを見ながら水風呂に浸かるのが私の夏バテ防止法 ~新海~

優勝争いに絡むために、アイアンショットの精度を上げたい ~東~

D-cafe:話は変わりますが、今年の夏は特に暑いですよね。お二人は夏バテ対策として何かされていますか?

東:私は、こまめに水分補給することかなぁ。あと、塩分も多めに摂るようにしてますね。それと食事では、量を抑えて、脂っぽいものはあまり食べないようにしています。

新海:私は、ホテルに戻ったら水風呂に浸かって、寝る時には額や首に冷えピタを貼ります。なぜ、それをするようになったかと言うと、夜あまり眠れなくて、「なんでだろう?」と考えた時に、昼間の暑さで身体が火照っているからだと気づいたんです。それで水風呂に入るようにしたら、よく眠れるようになったんです。身体を冷やすとよく眠れますよ。

東:そうなんだ。じゃあ、私もやってみよう。

D-cafe:水風呂にはどれくらい浸かるんですか?

新海:1時間ぐらいですね。と言っても、ずっと水ではなくて、何十分か水に浸かったら、お湯を足して水温を上げていってぬるま湯にするんです。気持ちいいと感じる温度にして、スマホでドラマとか見ながら入ってます(笑)。

東:私もお風呂に入りがらスマホはよく見ますね(笑)。動画も見ますけど、最近はLINEマンガをずっと読んでます。お風呂以外でも、遠征先で時間がある時にはだいたいスマホでマンガを読んでますね。

新海:スマホがないと、プロゴルファーは生きていけませんよね(笑)。

D-cafe:さて、今シーズンの女子ツアーも後半戦に入りました。今後の自分なりのテーマ、課題のようなものがあれば教えてください。

東:もう少しアイアンショットの手応えがつかめたらいいなと思いますね。先日の試合でも、パー3でホールインワンしかけたり、要所要所ではいいショットが出るので、全体的にもうちょっと底上げしたいですね。パットはいい感じになってきているので、バーディチャンスが増えればもっと優勝争いにも絡めると思いますし。あと、試合が3日間あるとして、そのうち一日は伸ばせない日があるので、調子がよくなくてもアンダーパーで回れるようにするのが課題ですね。

新海:私は、ずっとパットが悪かったのですが、先日の試合でいろいろな人にアドバイスをもらって、久しぶりに思うように打ち出せるようになったというか、スライスラインもフックラインも、入らないにしてもカップの上側に外れるようになってきたんです。ショットもちょっとずつよくなっていて、あとはパットが噛み合えばと思っていたので、これから自分でも楽しみです。

D-cafe:では、最後に目標を聞かせてください。

東:夏は暑いですけど嫌いではないし、もともと自分が得意とする時期なので、なるべく早い段階で初優勝したいですね。

新海:私も、ひろぽんさんと同じで、早く勝ちたいです!

D-cafe:今日はありがとうございました。後半戦の活躍に期待しています。

東浩子(あずま・ひろこ)1992年岡山県生まれ。2012年プロテスト合格。2018年賞金ランキング:38位

新海美優(しんかい・みゆ)1995年大分県生まれ。2014年プロテスト合格。2018年賞金ランキング:59位

※データはすべて8月10日時点。